大阪で賃貸のオフィスを借りる場合の傾向

大阪で賃貸のオフィスを借りる場合の広さや費用の傾向を紹介します

賃貸オフィスに向いている大阪の穴場エリア

全国的に都市化が進み、ビルが立ち並んでいる都市などは珍しくありません。大阪もその一つで梅田や堺市などの都市部には商業施設のビルから一般会社のオフィスまでさまざまなビルがあります。しかし、会社にとってビルで仕事を進めていると、地価の影響もあってほかの会社と同じビルを使用する場合が多くなっています。そのため、一フロアを自分たちの会社で使えたとしても、会議室などを同じオフィス内に用意することができなかったというような話もよく耳にします。そのような悩みが全国的に上がったため注目されたのは、賃貸スペースとして貸し出している部屋を会議室として利用することです。会議はそうそう長引くものでもありませんし、数時間の間賃貸スペースを予約しておくだけで、終わったらすぐ撤去することもできて便利な場所として人気を集めているのです。

賃貸スペースで行えることには何がある

会議室として賃貸スペースを借りることが一般的ではありますが、使用例というのは何もそれだけではありません。特に大阪などの大都市では、就職活動のために近隣や遠方から若い人が集まってくることも普通なため、定期的にセミナーが開かれていたりもします。そのセミナー会場として賃貸スペースが役に立つのです。どうしてもオフィスでやるには場所が足りないけれど、賃貸スペースならば広い会場を抑えることもできて、参加できる人数も自然と多くなります。そのため、より多くの人にアピールするチャンスでもあると、積極的にセミナーが開催されています。これは大阪に限った話ではなく、東京や名古屋、福岡や仙台などの主要都市に共通したことでもあるのです。賃貸スペースは会場の規模によってレンタル料金も変わるので、甘く見ていると損をしてしまいます。

賃貸スペースのレンタル費用ってどれくらい?

東京・大阪・名古屋など主要都市では地価が高いこともあり、なかなかオフィスの場所を確保することも難しいです。そこで便利に利用できるとして知名度を誇っているレンタルスペースですが、どれくらいの費用が掛かるのか企業としても気になるでしょう。これが東京の場合だと一万円を超えてくるのが当たり前になりますが、大阪の場合は、まだ東京と比べて地価が安いこともあるため一万円を超える賃貸スペースはあまりありません。しかし、それでも七千円から九千円など一万円近く費用が掛かるところが多いので、どこの物件を借りるのかは事前にチェックしておくと良いでしょう。オフィスレンタルは起業を考えている場合かオフィスの移転を考えている場合にしか気にすることもありませんが、レンタル費用を知っておくことで、どこの土地が商業の中心にあるのかも把握することができます。