大阪で賃貸のオフィスを借りる場合の傾向

大阪で賃貸のオフィスを借りる場合の広さや費用の傾向を紹介します

大阪で賃貸オフィスを借りる際の注意点

賃貸用のオフィスを大阪で探している方はけっこういるでしょう。ビジネス一等地である大阪で賃貸用のオフィスを借りる際、どのようなことに注意をすれば良いのでしょうか?まずは、繁華街で借りる場合、看板があるかあるいは設置できるかという点です。ビルや店舗がひしめき合ってあるエリアもあるため、そういったところに看板を置けるかというところが問題になってきます。ビルがたくさんあって来客が見つけづらくないか、という点も気にした方が良いでしょう。最近では、賃貸用のオフィスが増えすぎて熾烈な価格競争が起きています。賃料は安いに越したことはありませんが、その影響で倒産する不動産業者も少なくありません。倒産したら移転を余儀なくされて、余計な費用がかかります。お客様に不信感を抱かせることにもなるため、安すぎる物件も注意した方が良いでしょう。

賃貸用オフィスを大阪で借りる際の広さと費用

賃貸用のオフィスを大阪で借りる場合、広さや費用が気になりますよね。新幹線の停車駅である新大阪付近で駅から徒歩10分以内のところでは、坪単価が8000円から12000円が相場となっています。駅から徒歩10分以上かかるところでは、坪単価の最も安いところで3000円くらいになります。ビジネスの最も盛んな梅田では、徒歩10分以内のところで坪単価が15000円前後、徒歩10分以上のところで8000円から12000円が相場となっています。府内の集客率ナンバー1と言っても良いなんばエリアでは、駅から徒歩5分以内のところでも、坪単価が3000円くらいとなっていて、繁華街としては安めです。御堂筋やテーマパーク、大型ショッピングモールなどがあって、関空までも35分という好立地です。ビジネスのターゲットが女性の場合、このエリアで借りるのは最適でしょう。

賃貸用オフィス 大阪にあるオフィスの種類

賃貸用のオフィスと言ってもただの部屋ではなく、大阪には様々な種類のものがあります。例えばバーチャルオフィスです。起業したばかりの時には、広いオフィスはまだ必要ないというケースもあるでしょう。社員が自分しかいないので、事務所に必要な機能さえあればOKという人もいますよね。初期費用がかなり抑えられるのも特長なので、こういったオフィスを借りるのも一つです。大阪の一等地であっても月額5000円くらいのところがたくさんあります。他には、耐震性の高いオフィスビルというものもあります。災害や地震時に強い免震構造をしていて、天井が高めだったり室内が正方形でレイアウトがしやすかったりという特徴があります。こういったビルは、リニアや北陸新幹線が新大阪に来ることから、このエリアに多くあります。交通の便がさらに良くなることで今後人気の上がるエリアなので、興味のある方は早めに探すと良いでしょう。