大阪で賃貸のオフィスを借りる場合の傾向

大阪で賃貸のオフィスを借りる場合の広さや費用の傾向を紹介します

大阪のオフィス向け賃貸の最新相場

賃貸の相場は候補にしている場所の賃料水準がどれくらいに位置しているかを 知る一つの指標となり、物件の所在地や物件規模によって区分し算出されています。 この相場を知ることで、物件を探す際の条件として活用することができます。また相場は需要によって変化し、サンプル数によっても精度が変わりますので、あくまでの指標と考えています。大阪のオフィス向けの賃貸の相場ですと、日々最新の相場をネット上で確認することが出来ます。坪数によって区分され、大規模、大型、中型、小型と分けられます。賃料は坪単価で表示されており、行政区の中でも人気エリアとそうでないエリアでは相場は大きく異なります。大阪では北区が一番高いです。しかし、賃料を非公開にしているオフィスも多いので、気に入った物件が非公開の場合は一度問い合わせてみる必要があり、その場合相場と平均してどうかと考える必要があります。

大阪で賃貸オフィスの需要と今後の相場について

大阪においては、なんと5年連続でオフィスの需要が大きく伸びています。2016年には新規の賃貸ビルの供給がなかったので、オフィスの需要の割合も改善されました。2017年から2019年にかけても新規の賃貸ビルの供給がそれほど大きくはないので、空室率は低下傾向にあります。2017年2月の調べでは空室率は5.96%となり、2016年1月の空室率8.66%から大きく改善されていることが分かります。それは事務所新設に加え、市外や自社ビルからの移転、市内での拡張移転、また建替えに伴った移転、館内の増床などが多く、解約も少なかったことが挙げられます。そのことから大阪のビジネス地区では6年連続賃貸の稼働面積は増加しています。これに伴って、賃料も上昇傾向が続いていくと考えられており、大阪の市内ビジネス地区で賃貸オフィスを検討されている方は早めに契約するのがよいでしょう。

大阪のオフィス賃貸の動向の根底にあるもの

大阪では2013年の駅ビルと周辺再開発以降は、賃貸のオフィスビルの新規の提供は少なくなっていきました。2016年には新規供給が全くない異例の年となり、それで結果的に需要が高まることとなり、坪単価賃料の上昇を招きました。今後も大規模ビルディングの開発は限られており、この傾向は続くと考えられています。更に大阪市内の転入超過数が過去最高水準となっており、2005年からも12年連続で増加しています。特に東日本大震災以降の転入超過数の増加が大きく左右しています。この人口増加によって堅実な新規建設と新規供給の減少が大阪のオフィス市場を好調なものにしています。この賃料の上昇により、梅田地区以外の賃料が低いビルも需要が増し、地区や築年数、規模などの条件での集中傾向が緩和されていき、全体的な底上げが市場として期待されています。

企業様の目的や課題に応じ、全国どのオフィスビルでもご紹介、仲介が可能となっております。 オフィス専門の「プロ集団」です。企業様を分析し業績向上のサポートとなる移転をプロデュース致します。 大阪支店は大阪市営地下鉄本町駅25番出口すぐです。 メールでのお問合せは、24時間受付中です。 オフィス移転ワンストップサービスで窓口を一本化しております。ご担当者様のご負担を大きく軽減することができます。 大阪で賃貸契約オフィス使用ならビズライフエージェント